ICAF2024

ICAF2024開催に向けて

(メインビジュアル:MARU AKARI(東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻) 学生アニメーションの最前線、インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)。22回目を迎える今回、テーマとして掲げるのは“F...
ICAF2023

ICAF2023名古屋上映

12月2日にICAF2023名古屋上映があります。<Moving Image Festival>日時:12月2日(土)・3日(日)13:00~会場:愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA 実行委員会セレクションA(12/2 13...
ICAF2023

ICAF2023 9月15日からプレ開催

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル2023は9月15日から特設サイト上で「各校選抜」の公開を開始し、東京の国立新美術館にて9月28日から10月1日までの4日間、現地開催を行います。今年は全国から28校の作品が参加します。I...
ICAF2022

ICAF2022延長公開

ICAF2022の本大会は10月2日に終了していますが、各校選抜プログラムから観客賞の投票で選出された5作品と、ICAF2022実行委員会により選出された7作品の合わせて12作品を11月19日から11月28日(日)まで再公開することとなり...
未分類

観客賞対象 各校選抜プログラム

各校選抜プログラム 今年も投票による観客賞受賞対象の各校選抜プログラムを行います。これは全国30校の参加校が各校1作ずつを選び、その中から観客の得票の多かった上位5位までに観客賞として、ICAF実行委員会から賞状を、企業スポンサ...
ICAF2022

ICAF2022 国立新美術館タイムテーブル

9/29〜10/2まで全作品上映を行う国立新美術館のタイムテーブルです。 9/26からオンラインが先行開始されます。(各校選抜プログラム+インタビュー)
ICAF2022

ICAF20周年特別企画「学生アニメーションとICAFの20年」

東京造形大学の木船徳光先生、小出正志先生、東京工芸大学の木船園子先生、武蔵野美術大学の陣内利博先生に、20年間の学生アニメーションやICAFの成り立ちなどについてお話をお聞きしました。
ICAF2022

ICAFとらのみち

過去にICAFに参加した経験のあるクリエイターをお呼びして、学生時代から現在の仕事までのお話を聞くインタビュー企画です。 今回は9/26から10/2までオンラインで配信。
ICAF2022

ICAF2022特別企画「コマ撮りを学校で学ぶこと」

現在この技術を学校や大学で指導している、クリエイターであり先生方に、学生指導やコロナ禍の状況。そしてストップモーション・アニメーションの未来などについてお聞きしたインタビューです。
ICAF2022

ICAF2022 とらのあな 参加者募集

今年の持ち込み上映「ICAFとらのあな」のゲストは、「ペンギンハイウェイ」に続く長編監督作品第2弾の「雨を告げる漂流団地」の公開を間近に控える、スタジオコロリドの石田祐康さん。点描アニメーション「骨噛み」が世界各地の映画祭で上映、受賞され...