幹事校教員によって構成されるICAF2019実行委員会により全作品の中から選抜した2019年セレクションです。

このプログラムは各校選抜プログラムを併映する地方上映で使用されるセレクションプログラムです。
各校選抜プログラムの併映がない場合は、各校選抜を混ぜた別のセレクション作品群になります。
11月5日現在、ここで紹介するプログラムが上映されるのは広島京都です。
*今後上映の機会が増える可能性があります。

01

『ある時間』

三上 あいこ

(北海道教育大学岩見沢校)

02

『ユージュアル・デイ』

松山 いちか

(京都精華大学)

03

『修理師帰』

木場 環

(尾道市立大学)

04

『うしろに目なし』

石井 菖子

(九州産業大学)

05

『堕ち着くとパユミロン』

池田 真友

(京都造形芸術大学)

06

『tiny』

佐藤 史織 

(長岡造形大学)

07

『if』

栗谷 多恵

(広島市立大学)

08

『In society』

福元 冬花

(広島市立大学)

09

『ネギはからだにいい』

いとうあつよし

(アート・アニメーションのちいさな学校)

10

『あむあむごっくん。』

上野 晴奈、タイガトモコ、松田 みなと

(アート・アニメーションのちいさな学校)

11

『突然ですがこの動画あと10秒で終わります』

坂本 翔吾

(東京造形大学)

12

『穴』

古川原百花

(東京造形大学)

13

『落城』

譚 程陽

(東京造形大学)

14

『あたまのからだ』

星夢乃

(東京藝術大学)

15

『うめぼしパトロール』

ささきえり

(東京藝術大学)

16

『ひ なんてなくなってしまえ』

平松悠

(東京藝術大学)

17

『その先の旅路』

山口 真依

(多摩美術大学)

18

『午後三時の人間』

WANG Auwei

(多摩美術大学)

19

『LOCOMOTOR』

金子 勲矩

(多摩美術大学)

20
2019 Tuad 11

『SPACE』

岩本 優介

(東北芸術工科大学)

21

『アスパラガス人間になった日。』

栗田 百嶺 

(東京工芸大学)

22

『Journey』

藤川 咲良

(武蔵野美術大学)