大阪芸術大学 Dプログラム [講堂] 9/28(金)16:20〜 [研修室] 9/30(日)14:30~

01

『Animation01』

若井なぎさ

02

『Pause』

中島紳暁

03

『小さな変化大きな一歩』

竹内英気

04

『いびつ』

岩崎未来

05

『水花少女』

谷ありす

06

『STORM』

靜勢舞

07

『ふじ・ちゃく』

久保田遼兵

大阪芸術大学は造形・音楽・メディア系にわたる全15学科を擁する総合芸術大学です。それぞれの学科・コースでは各々の専門的な芸術教育・研究が行われていますが、プロジェクトや作品制作において、しばしば学科を跨いだコラボレーションが行われます。アニメーションはファインアート的な作家個人の創作物という性格が強い場合もありますが、同時に様々な専門性を持つクリエイター達の共同作業の場ともなります。
今回出品するのは、映像学科アートアニメーションコース、表現コース、キャラクター造形学科アニメーションコースの学生の進級制作・卒業制作作品ですが、いくつかの作品の声は放送学科アナウンスコース、声優コースの学生が学習の成果を披露しています。他にも音楽制作、レコーディング、キャラクターデザイン、VFXなどで、それぞれを得意とする他学科の学生が参加しています。これも総合芸術大学ならではのメリットでしょう。
ICAFでの作品上映は、公共の場での研究発表という意味合いがあり、学生にとって緊張すると同時にとても励みになる体験でもあります。作品には未熟な点も目立ちますが、今後の躍進に期待してご覧いただければ幸いです。

推薦教員:遠藤 賢治
佐藤 貴雄
大橋 勝