名古屋学芸大学 Eプログラム [講堂] 9/29(土)12:50〜 [研修室] 9/28(木)16:10~

01

『げつまつのしゅーまつ』

増田優太

02

『鬼人』

岡嶋奨

03

『ガラクタノホシ』

大澤優実 伊藤宇海

04

『 to be born 』

倉内大輝

05

『ミッドナイトランドリー』

神田真実

06

『エメラルドの輪』

水谷汐里

07

『ありふれた目線』

鈴木寛子

08

『seeable』

Star project

名古屋学芸大学 映像メディア学科では「映画」「テレビ」「CG・アニメーション」「フォト」「サウンド」「インスタレーション」を基礎科目とし,それらを横断的に学べる教育環境の中で作品制作を行っています。今年のプログラム8作品を制作した「アニメーション」や「3DCG」領域の学生も、3年次までに幅広い映像表現を学んでいます。なかでも撮影素材をフレームごとにプリントアウトして、ペイントオーバーで表現したアニメーションから始まる「げつまつのしゅーまつ」は内包した静かなモノクロの世界が印象的です。また、「seeable」はメインスタッフ8名によるグループ作品として、プロダクションのパイプラインを構築しながら丁寧に進められたフル3DCGアニメーション作品です。制作のなかでサウンド領域の学生とコラボレーションし,絵から音まですべて学内で作ることができるのも,映像メディア学科の特徴となっています。表現の可能性を模索した作品から,実際の現場での就業を意識した作品まで,多様なアニメーション作品をご覧ください。

推薦教員:小笠原 則彰
伏木 啓
山本 努武
齋藤 正和
岩野 一郎